オープンキャンパス 資料請求

バークリー留学科/2年制


バークリー留学科
バークリー留学科ロゴ

 

夢は世界で活躍するアーティスト。 世界最高峰の音楽大学「バークリー」で学ぶ!

 

バークリー音楽大学への留学をはじめ、海外提携校への留学を希望している方対象の学科です。
留学に向けた特別レッスンや英語力を高める授業、そして入学オーディション対策など、世界を舞台に活躍することができる基礎力を身につけたミュージシャン、アーティストを育成します。
 

コース紹介

ヴォーカル
コース

パーカッション
コース

サックス
コース

ギター
コース

ピアノ
コース

ヴァイオリン
コース

ベース
コース

キーボード
コース

トロンボーン
コース

ドラム
コース

トランペット
コース


hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden


音楽理論、実践指導はもちろん、海外留学に向けた万全のカリキュラム。


バークリー
メソッド

バークリー理論を実践する
世界でも数少ない学校です。

「バークリーメソッド」と呼ばれるバークリー音楽大学で実践される教育基準。本校のカリキュラムもこれに準拠しています。バークリー音楽大学の単位として認定される編入学制度により、最短2年での卒業に必要な単位の約半分を本校で取得できます。


バークリーメソッド

英会話

徹底した英語の口頭練習により、
留学に必要な英会話能力を習得。

ESL(English as a Second Language)授業では、英語で考え英語で答える徹底した口頭練習により、順応できる英会話コミュニケーションを身につけます。また、ネイティブ講師による英語オンリーの特別授業も開催しています。


徹底した英語の口頭練習

マンツーマン
実技

各コースともマンツーマンにより、
個々の技術を世界で競えるレベルに。

各個人のレベルに応じたパフォーマンスや演奏力アップを目的としたマンツーマンレッスンを実施。個別の技量を把握した指導なので、効率良くより高い効果を望むことができ、技術を世界水準まで引き上げることも可能です。


マンツーマンレッスンで世界で競えるレベルに

留学対策

留学に向けた特別レッスンやセミナー、
対策授業などでバックアップ。

留学セミナー、特別レッスンをはじめ、本番さながらの模擬入学オーディション実施などによって十分な留学準備を行えます。また、海外留学の不安を解消するために、各種説明会によるサポートなどの万全の体制を整えています。


留学に向けた特別レッスンやセミナー

コース別必修科目

印は海外提携校の単位交換認定科目(諸条件あり)

コース 主専攻系科目

主専攻楽器ゼミ

主に応用力アップを目的としたマンツーマンレッスン。
各個人のレベルに応じ授業内容を設定。

主専攻楽器

主に応用力アップを目的としたマンツーマンレッスン。
各個人のレベルに応じ授業内容を設定。

ヴォーカルコース ヴォイストレーニング ヴォーカル/ジャズヴォーカル
ギターコース エレキギターゼミ/アコースティックギターゼミ/ジャズギターゼミ エレキギター/アコースティックギター/ジャズギター
ベースコース エレキベースゼミ/ウッドベースゼミ エレキベース/ウッドベース
ドラムコース ドラムゼミ ドラム
パーカッションコース パーカッションゼミ パーカッション
ピアノコース ジャズピアノゼミ/ポピュラーピアノゼミ ジャズピアノ/ポピュラーピアノ
キーボードコース キーボードゼミ キーボード
トランペットコース トランペットゼミ トランペット
トロンボーンコース トロンボーンゼミ トロンボーン
サックスコース サックスゼミ サックス
ヴァイオリンコース ヴァイオリンゼミ ヴァイオリン

 

コース共通

必修科目
留学準備科目

入学オーディション対策(実技)

入学インタビュー対策(英語面接)

MTE / Music Theory in English

ESL / English as a Second Language

 

理論系科目

ハーモニー

イヤートレーニング

アレンジ

 

実技・実習系科目

バンド・アンサンブル

リズムトレーニング

セミナー・コンサート実習

 

選択科目

※開講科目は年度により変更になる場合があります。

実装系

  • インプロヴィゼーション
  • ロックアドリブ
  • パーカッション
  • 基礎ピアノ
  • パフォーマンスイヤートレーニング

理論系

  • アドバンストハーモニー
  • モーダルハーモニー
  • リハーモナイゼーションテクニック
  • リディアンクロマティックコンセプト
  • ソングライティング入門
  • コンテンポラリーミュージックアナライズ

クラシック系

  • トラディショナルハーモニー
  • 指導グレード
  • 演奏グレード
    (ピアノ・エレクトーン)
  • 楽曲分析
  • 対位法概論

教養系

  • 西洋音楽史
  • 民族音楽学
  • ミュージシャンのための音響講座
  • ミュージックビジネス入門
  • ジャズ音楽史
  • ポピュラー音楽史
  • コンピュータミュージック入門
  • 作詞

音楽療法系

  • 音楽療法概論
  • 心理学概論
  • 健康科学
 


 

バークリー留学コース学生

STUDENT’S VOICE

関西特有のフレンドリーな友達関係が、頑張れる力に。
まずは基本をしっかりと学んで、留学に向けた準備も始めたい。

楽譜を読むのが苦手で、課題曲を聴き、譜面を読み、自分で演奏の繰り返し。落ち込んだときに友達の存在は大きいです。いまは基礎を身につけるのに精一杯ですが、留学に向け頑張りたいですね。 バークリー留学コースカリキュラム
バークリー留学科
ベースコース

大竹 紗英さん

 

STUDENT’S VOICE

関西特有のフレンドリーな友達関係が、頑張れる力に。
まずは基本をしっかりと学んで、留学に向けた準備も始めたい。

 

楽譜を読むのが苦手で、課題曲を聴き、譜面を読み、自分で演奏の繰り返し。落ち込んだときに友達の存在は大きいです。いまは基礎を身につけるのに精一杯ですが、留学に向け頑張りたいですね。

 

バークリー留学科
ベースコース

大竹 紗英さん

 


hidden
hidden
バークリー留学学科で目指せる職業

  • ミュージシャン(バンド)
  • ソロヴォーカリスト
  • サポートミュージシャン
  • スタジオミュージシャン
  • ソロプレイヤー
  • インストラクター
  • 音楽講師
  • 吹奏楽団員
  • パフォーマー
  • 海外アーティスト招聘業
  • プロデューサー

バークリー留学学科の卒業生紹介

第40回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞 『この世界の片隅に』の音楽を担当! 坂本龍一が絶賛するシンガーソングライター。


コトリンゴさん

シンガーソングライター

バークリー音楽大学卒業後、坂本龍一プロデュースの「こんにちは またあした」でメジャーデビュー。
芦田愛菜主演ドラマ『明日、ママがいない』の主題歌『誰か私を』をリリース。圧倒的なピアノ演奏力とピュアな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガーソングライター。2013年、ソロとともに、KIRINJIのメンバーとしてキーボードを担当。2016年、のん主演の劇場アニメ「この世界の片隅に」のサウンドトラックを担当。

インターナショナル・ジャズコンポジション・コンテスト優勝。 ジャズ・オーケストラに楽曲を提供する実力派


枡田 咲子さん

コンポーザー ピアニスト

バークリー音楽大学ジャズコンポジション専攻を首席で卒業。2009年ブリュッセル・ジャズ・オーケストラ・インターナショナル・ジャズコンポジション・コンテストで優勝。BJO AwardとAudience Awardを受賞。ジャズ・オーケストラなどに楽曲を提供するなど作編曲家としても活躍。

日本人女性では二人目となるバークリー音楽大学准教授


三輪 洋子さん

ピアニスト

'97年にバークリー音楽大学へ入学。卒業後は、グラミー賞受賞ヴォーカル、ケヴィン・マホガニーの伴奏を務め、ワシントンDCでのウイメンズ・ジャズ・フェスティバルに出演。2011年、秋吉敏子さん以来、日本人女性として二人目となるバークリー音楽大学ピアノ科准教授に就任。
現在、ボストンを拠点に活躍。

 

第59回グラミー賞 最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞! 報道ステーションのテーマソングを担当する J-Squadのメンバーとしても参加するパーカッショニスト&ドラマー


小川 慶太さん

パーカショニスト

CHEMISTRYなどのバックバンドとしてTV&CM出演や、さまざまなアーティストのライブ、レコーディングなどに参加。バークリー音楽大学へ入学するため渡米。卒業後、ヨーヨー・マ、アサッドブラザーズ、クラリスアサッドなど、世界のトップアーティストたちと共演する。ニューヨークを拠点に、世界を舞台に活躍中。

バークリー留学学科 充実の講師陣ラインナップ

堀口 和子

ヴァイオリン
11歳で小学生作曲コンクール第3位受賞。13歳でポップスのバンド活動を始める。オリジナル曲でYAMAHA TEEN’S MUSIC FESTIVALや、KISS FM JAMMINGコンテスト等で入賞。その後、ジャズ、フュージョン、ボサノバ、ソウル、ラテンなどあらゆるジャンルに挑戦。プロ活動をスタートさせる。’06年には、日本で初めて開催された、第一回ジャズバイオリンコンテストにて特別賞を受賞。現在は、自己のリーダーバンド“Ajims(味娘)”での活動の他、CM製作、アーティストサポート、セッション、レコーディング、様々なライヴ活動をしている。“AJIMS(味娘)”では、3枚のアルバムを発売。’07年台中ジャズフェスティバル(台湾)に出演。
’08年上海ワールドミュージックフェスティバル(中国)に出演。’10、’11年には大連(中国)日本人商工会主催クリスマスイベントに出演。
堀口和子(写真)

山本 葵

ヴォーカル
幼少期からクラシックピアノを学び、大学では声楽にも取り組む。ヴォーカルを独学で習得し、学生の頃からプロ活動を開始。オリジナルを中心としたバンドでのツアーや、ディナーショーへの出演、ラジオ番組のテーマソング制作なども担当した。ヤマハ主催ポピュラーソングコンテスト(ポプコン)全国大会で「優秀賞」、ライトミュージックコンテスト(LMC)全国大会では「ベストキーボード賞」を受賞するなど、国内最大規模の大会において数々の輝かしい成績を残す。後進の育成にも力を入れ、長年にわたりヴォーカル講師として活躍。当時、甲陽音楽学院の学生であった紅白歌合戦出場アーティスト「花*花」を始め、数多くのヴォーカリストの育成・指導に携わっている。現在も、オリジナル楽曲やソウルミュージック等の分野でピアノ弾き語り・バンド活動などを精力的に展開している。
山本 あおい(写真)

 

岩宮 美和

ヴォーカル
幼少よりクラシックピアノ・声楽を学ぶ。大学卒業後は中村建治氏に音楽理論とキーボード、藤井貞康氏にジャズピアノを師事。バークリー音楽大学を首席卒業した日本を代表するピアニスト小曽根真氏と父の実氏による伴奏で歌い、ジャズのSwingを身に付けた。同じく甲陽音楽学院講師でもある竹下清志氏・荒崎英一郎氏とのユニットや、ピアノ/ヴォーカルの弾き語りカルテットを結成し、ライヴハウスなどで活発な演奏活動を展開中。また、著名歌手へのヴォイストレーニング・発声の矯正レッスン等も多数。ジャンルに囚われず常に新しい音楽を追及し、J-Popなどの楽曲アレンジも多く手掛けている。
岩宮美和(写真)

 

大島 一郎

トロンボーン
甲陽音楽学院卒業。米阪晴夫、タイガー大越、バークリー音楽大学講師フィル・ウィルソン、ハル・クルック各氏に師事。ラジオ番組でビッグバンド演奏をする傍ら、レコーディングに多数参加。また大地真央・市村正親出演のミュージカルやジャッキー・チェン主演映画にも出演。現在は自身のバンド『HEART BEAT DIXIELAND』でミナミジャズウォーク、あべのハルカスのオープニングなどの関西のイベントやライヴハウスで活動中。 〈参加バンド〉アゼリアジャズオーケストラ、グローバルジャズオーケストラ、他 〈共演者〉Bill Watrous、Steve Davis、Andy Martin、Bob Mintzer、渡辺貞夫、日野皓正、小曽根真、他
大島 一郎(写真)

 

広瀬 未来

トランペット
国内屈指のJazzBandを有する甲南中学高校にてトランペットを始める。在学中はバークリー音楽大学留学の先駆者である渡辺貞夫氏と共演。Student Jazz Festivalではベストプレイヤー賞を受賞。高校卒業後には中山正治ジャズ大賞、なにわ芸術祭新人奨励賞を受賞。’03年から10年間New Yorkへ単身渡米。数多くのライヴハウス出演やレコーディングに参加。
Valery Ponomarev(Art Blakey & the Jazz Messengers), Houston Person, Frank Wess, Billy Harper, Lonnie Smithなど世界トップミュージシャン達と共演、芸術の殿堂リンカーンセンターへの出演も果たす。2枚のリーダーアルバムは各メディアから「ワールドクラスのトランぺッターがNYに現れた!」と絶賛される。’14年から日本に拠点を移し、複数のバンドで多忙な演奏活動を展開中。
広瀬未来(写真)

 

荒崎 英一郎

サックス / フルート
大学卒業と同時に上京し土岐英史氏に師事、東京都内で活動後渡米、バークリー音楽大学を卒業。現在、荒崎ビッグバンド、フリーダムジャズスピリッツ、10テナー・サックス・アンサンブル、ディスカルゴオオサカ等を主宰し、数々のビッグバンドアレンジで活躍中。
荒崎英一郎(写真)

 

ランドール コナーズ

サックス
インターローケン・アーツ・アカデミー卒業後、ニューイングランド音楽大学で修士号を取得。セシル・マクビーと知り合い世界各国をツアー。ボブ・モーゼスのアルバム他、'97年セシル・マクビーのアルバム「Unspoken」にも参加。ニューイングランド音楽院、イースタン・ナザリーン・カレッジでアンサンブル、サックスの指導者として活躍。現在、精力的にライヴ活動を展開中。
ランドール コナーズ(写真)