オープンキャンパス 資料請求

プロミュージシャン科/2年制


プロミュージシャン科
プロミュージシャン科ロゴ

 

確かなテクニックと幅広い音楽性を兼ね揃えた、
プロミュージシャン・プレイヤーをめざす!

 

バンドやソロワーク、ライブサポート、レコーディングまで幅広いフィールドで活躍できるミュージシャンをめざすコースです。自分自身の音楽をプレイするために必要な基礎力をしっかり身につけ、それに裏付けられた確かなテクニックを学ぶことで、幅広い音楽性と実力を兼ね揃えたプロミュージシャン、プレイヤーを育成します。

 

コース紹介

ギター
コース

楽器&
ヴォーカル
コース

キーボード
コース

サックス
コース

ベース
コース

パーカッション
コース

トランペット
コース

ヴァイオリン
コース

ドラム
コース

ピアノ
コース

トロンボーン
コース


hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden
hidden


プロミュージシャンとして活躍するために、幅広い音楽力を身につけます。


基礎ゼミ
(マンツーマン実技)

専攻する楽器を中心に、
個人レベルに応じたマンツーマン指導。

各個人のレベルに応じて授業内容を設定。
専攻する楽器の特性に合わせた基礎力アップを目的とした、プロの講師によるマンツーマンレッスンを実施しています。


個人レベルに応じたマンツーマンレッスン

実技応用
(マンツーマン実技)

専攻コースに応じた即興演奏力を強化。
ハイレベルな奏法を身につけます。

基礎ゼミと同様にプロで活躍する各パートの講師がマンツーマン指導。幅広い楽曲に対応できる実践的な奏法やコード練習に取り組んでいます。プロの現場で必要な実践力の向上をめざします。


専攻コースに応じたハイレベルな技法

音楽理論

音楽の共通言語である音楽理論を学び、
しっかりとした基礎を構築。

授業はレベルに合わせてクラスを分け、プロミュージシャンとして独り立ちした際に役立つ音楽理論や知識を学びます。また専攻する楽器以外の知識も深めることで、総合的に音づくりへの理解度を高めています。


音楽理論の授業

バンド実習

多彩なジャンルの音楽を経験することで、
プロとしての幅を広げます。

実践的な学びのひとつとして、バンド実習により、グループ内での担当楽器のポジションを再認識。また、さまざまなジャンルの音楽を体験することによって、演奏力の向上を図ります。


バンド実習

コース別必修科目

コース 主専攻系科目

主専攻楽器ゼミ

主に基礎力アップを目的としたマンツーマンレッスン。
各個人のレベルに応じ授業内容を設定。

主専攻楽器

主に応用力アップを目的としたマンツーマンレッスン。
各個人のレベルに応じ授業内容を設定。

ギターコース エレキギターゼミ/アコースティックギターゼミ エレキギター/アコースティックギター
ベースコース エレキベースゼミ/ウッドベースゼミ エレキベース/ウッドベース
ドラムコース ドラムゼミ ドラム
楽器&ヴォーカルコース 選択楽器ゼミ ヴォーカル
パーカッションコース パーカッションゼミ パーカッション
ピアノコース ピアノゼミ ピアノ
キーボードコース キーボードゼミ キーボード
トランペットコース トランペットゼミ トランペット
トロンボーンコース トロンボーンゼミ トロンボーン
サックスコース サックスゼミ サックス
ヴァイオリンコース ヴァイオリンゼミ ヴァイオリン

 

コース共通

必修科目
専門科目

バンド・アンサンブル

リズムトレーニング                 

ヴォイストレーニング 【楽器&ヴォーカルコースのみ必修】

 

理論系科目

ハーモニー

イヤートレーニング

アレンジ

 

共通科目

基礎ピアノ

セミナー・コンサート実習

 

選択科目

※開講科目は年度により変更になる場合があります。

実装系

  • インプロヴィゼーション
  • ロックアドリブ
  • パーカッション
  • パフォーマンスイヤートレーニング
  • ステージング
    (楽器&ヴォーカルコースのみ)

理論系

  • アドバンストハーモニー
  • モーダルハーモニー
  • リハーモナイゼーションテクニック
  • リディアンクロマティックコンセプト
  • ソングライティング入門
  • コンテンポラリーミュージックアナライズ

クラシック系

  • トラディショナルハーモニー
  • 指導グレード
  • 演奏グレード
    (ピアノ・エレクトーン)
  • 楽曲分析
  • 対位法概論

教養系

  • 西洋音楽史
  • 民族音楽学
  • ミュージシャンのための音響講座
  • ミュージックビジネス入門
  • ジャズ音楽史
  • ポピュラー音楽史
  • コンピューターミュージック入門
  • 作詞

音楽療法系

  • 音楽療法概論
  • 心理学概論
  • 健康科学

留学系

  • ESL(English as a Second Language)

 

プロミュージシャン科ドラムコースの学生

STUDENT’S VOICE

中2からやってるドラムに自信はあったのですが、
理論も含めて本格的に学ぶと、自分の未熟さを実感させられます。

やったことのないジャンルや同じことを別の角度から教えてもらうと、新たな発見があります。限られた時間の中で自分の持ち味が出せるようになりたいですね。先生からの影響も大きく、将来は教える側もいいかなって思います。 プロミュージシャン科の授業カリキュラム
プロミュージシャン科
ドラムコース

長山 智之さん

 

STUDENT’S VOICE

中2からやってるドラムに自信はあったのですが、
理論も含めて本格的に学ぶと、自分の未熟さを実感させられます。

 

やったことのないジャンルや同じことを別の角度から教えてもらうと、新たな発見があります。限られた時間の中で自分の持ち味が出せるようになりたいですね。先生からの影響も大きく、将来は教える側もいいかなって思います。

 

 
プロミュージシャン科
ドラムコース

長山 智之さん

 


hidden
hidden
プロミュージシャン科で目指せる職業
  • ミュージシャン(バンド)
  • サポートミュージシャン
  • ヴォーカリスト
  • スタジオミュージシャン
  • セッションミュージシャン
  • ソロプレイヤー
  • インストラクター
  • 音楽講師
  • 吹奏楽団員
  • パフォーマー
  • 楽器店スタッフ
  • プロデューサー
プロミュージシャン科の卒業生紹介

メジャーアーティストのレコーディング、ライブサポートなどで活躍。 株式会社ビーイングに所属する注目のロックギタリスト。


宮田 潤さん

ギタリスト

15歳の時にエレキギターを始める。Dream Theaterなどの音楽に影響を受け、メタルやハードロック、プログレッシブ・ロックにのめり込み、18歳からジャズギターを土野裕司氏に師事。その後、菰口雄矢氏のローディーを経て、現在はBeingに所属。レコーディング、サポート、レッスンなどを行っている。

スティーヴィー・ワンダーの音楽プロデューサー ヘンリー・パニオンⅢが絶賛! Crystal Kay、SWAY(DOBERMAN INFINITY)、VERBAL(m-flo)など、 ツアーのサポートベーシストとして参加!


堀井 慶一さん

ベーシスト

卒業後渡米、スティーヴィー・ワンダーのプロデューサー、ヘンリー・パニオンに出会いAudiostate 55 Entertainment Companyのゴスペルライブとライブレコーディングにアジア人で初めて参加し絶賛される。帰国後、
BoA、Crystal Kay、SWAY(DOBERMAN INFINITY)、VERBAL(m-flo)をはじめ、様々なサポートやLIVEツアーに参加。
2016年は韓国の人気グループSuper Juniorのsoloツアーに参加するなど国内外問わず、幅広くバンドを支えている。

久保田利伸、ナオト・インティライミ、清水翔太などの ツアー・レコーディングに参加


森 多聞さん

ベーシスト

これまでに、三浦大知、Crystal Kay、堂本剛、清水翔太、JAYED、ナオト・インティライミ、YURI、土屋アンナなど数多くのツアー、レコーディング、TV・MVの出演に携わる。2015年の久保田利伸の全国ツアーのバンドメンバーとして参加。

音楽番組で星野源「恋」のライブサポートを担当! May J.、ナオト・インティライミ、SKY-HI(AAA)など 人気アーティストを支えるサポートベーシスト!


瀧元 風喜さん

ベーシスト

May J.、川畑要(CHEMISTRY)などの全国ツアーのベーシストとして参加。また、クリス・ハート「続く道 withゴスペラーズ」のレコーディングにも参加するなど今後の活躍が期待される若手ベーシスト。
主な共演者:ゴスペラーズ、クリス・ハート、MIHIRO〜マイロ〜、Skoop On Somebody、SKY-HI(AAA日高光啓)、千晴、Zooco、UNIST、TEEなど多数。

ETA武道館2016、FUJI ROCK出演! 初音ミク、Equalなどネット系アーティストの ライブもサポート!


鎌田 紘輔さん

ドラマー

UNIVERSAL STUDIOS JAPANで、ミュージシャン&エンターテイナーとしてパレードやショーに出演。上京後はジャンルを問わず様々なアーティストのライブサポートやレコーディング、セッションワークなどに参加。初音ミク、ETA HALL TOUR、164、みきとP、伊礼亮、しんやん、Fo'xTails、クリス・ハート、ジェジュン、ジュンス(JYJ、ex.東方神起)など、幅広くサポート。SAKAEドラム、Istanbul Agopシンバル、Regal Tipsスティックのエンドーサー。http://www.camacho-drums.com/

youtube、ニコ動チャンネル再生回数100万回を超えるスーパーギタリスト。国際ギターコンテストの日本代表で出場し世界5位に選出。


井草 聖二さん

アコースティックギタリスト

ミニアルバム「Introduction」で2009年11月インディーズデビュー。同年、フィンガーピッキングコンテスト全国大会で最優秀賞、オリジナルアレンジ賞を受賞。2010年に米国カンザス州で開かれるウォルナットバレーフェスティバルのコンテストに日本代表で参加、TOP5に選ばれる。youtube/ニコ動チャンネルの再生回数は100万回を超える。ギターDUO「SOUL GAUGE」としても活躍。2ndアルバムでは小林幸子がゲストヴォーカルとして参加。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでパフォーマーとして活躍、2015年ラスベガスのフリーモントでドラム・ソロ公演を成功させる


木村 琢磨さん

ドラマー

2011年より、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのパレードなどドラマー、パーカッショニストとして多くのショーに出演。自己のバンド「VINO」で神戸市主催のロックコンテストで優勝し、アメリカラスベガスのフリーモントで日本人初となる単独公演を行う。ドラマーとしてもソロ公演を成功させる。

GLAYのTAKUROのソロツアーのバンドメンバーに抜擢! 大ヒット映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の技術指導や、 ベースマガジンでの連載を持つ今注目のベーシスト!


岩永 真奈さん

ベーシスト

T-Square、TOKU、大槻KALTA英宣、ISAOなど、大御所ベテランプレイヤーとのセッションに多数参加。教則DVD『ゼッタイ弾ける! ベース・ライン・フレーズ集』を発売、ベースマガジンでも随時連載や特集を担当するなど執筆面でも活躍中。2014年12月5日待望のソロ・アルバム”Ascension”を全国リリース。2016年6月公開宮藤官九郎監督「Too Yong To Die!」ベース邪子役に技術指導。ライブやレコーディングのサポートやミュージカルでの演奏など、活躍の場は多岐に渡る。
ももいろクローバーZ/清竜人/清竜人25/Aice5/楠田亜衣奈/40mP/Fire Horns/杏子/ミュージカル「バイオハザード 〜ヴォイス・オブ・ガイア〜」など

BoA、Da-iCE、Nissy(AAA)などのライブサポート、レコーディングに参加するドラマー


神田 亮さん

ドラマー

卒業後、2012年にai kuwabara trio projectでデビュー。BoA、Da-iCE、WHITEJAM、Nissy(AAA)、野水いおり、バニラビーンズなどのツアー、ライブサポート、レコーディングに参加。また、国内最大級のパフォーマンス集団TAP JAM CREWのドラマー兼プロデューサー。

バークリー留学学科 充実の講師陣ラインナップ

堀口 和子

ヴァイオリン
11歳で小学生作曲コンクール第3位受賞。13歳でポップスのバンド活動を始める。オリジナル曲でYAMAHA TEEN’S MUSIC FESTIVALや、KISS FM JAMMINGコンテスト等で入賞。その後、ジャズ、フュージョン、ボサノバ、ソウル、ラテンなどあらゆるジャンルに挑戦。プロ活動をスタートさせる。’06年には、日本で初めて開催された、第一回ジャズバイオリンコンテストにて特別賞を受賞。現在は、自己のリーダーバンド“Ajims(味娘)”での活動の他、CM製作、アーティストサポート、セッション、レコーディング、様々なライヴ活動をしている。“AJIMS(味娘)”では、3枚のアルバムを発売。’07年台中ジャズフェスティバル(台湾)に出演。
’08年上海ワールドミュージックフェスティバル(中国)に出演。’10、’11年には大連(中国)日本人商工会主催クリスマスイベントに出演。
堀口和子(写真)

 

大島 一郎

トロンボーン
甲陽音楽学院卒業。米阪晴夫、タイガー大越、バークリー音楽大学講師フィル・ウィルソン、ハル・クルック各氏に師事。ラジオ番組でビッグバンド演奏をする傍ら、レコーディングに多数参加。また大地真央・市村正親出演のミュージカルやジャッキー・チェン主演映画にも出演。現在は自身のバンド『HEART BEAT DIXIELAND』でミナミジャズウォーク、あべのハルカスのオープニングなどの関西のイベントやライヴハウスで活動中。 〈参加バンド〉アゼリアジャズオーケストラ、グローバルジャズオーケストラ、他 〈共演者〉Bill Watrous、Steve Davis、Andy Martin、Bob Mintzer、渡辺貞夫、日野皓正、小曽根真、他
大島 一郎(写真)

 


広瀬 未来

トランペット
国内屈指のJazzBandを有する甲南中学高校にてトランペットを始める。在学中はバークリー音楽大学留学の先駆者である渡辺貞夫氏と共演。Student Jazz Festivalではベストプレイヤー賞を受賞。高校卒業後には中山正治ジャズ大賞、なにわ芸術祭新人奨励賞を受賞。’03年から10年間New Yorkへ単身渡米。数多くのライヴハウス出演やレコーディングに参加。
Valery Ponomarev(Art Blakey & the Jazz Messengers), Houston Person, Frank Wess, Billy Harper, Lonnie Smithなど世界トップミュージシャン達と共演、芸術の殿堂リンカーンセンターへの出演も果たす。2枚のリーダーアルバムは各メディアから「ワールドクラスのトランぺッターがNYに現れた!」と絶賛される。’14年から日本に拠点を移し、複数のバンドで多忙な演奏活動を展開中。
広瀬未来(写真)

 

荒崎 英一郎

サックス / フルート
大学卒業と同時に上京し土岐英史氏に師事、東京都内で活動後渡米、バークリー音楽大学を卒業。現在、荒崎ビッグバンド、フリーダムジャズスピリッツ、10テナー・サックス・アンサンブル、ディスカルゴオオサカ等を主宰し、数々のビッグバンドアレンジで活躍中。
荒崎英一郎(写真)

 


ランドール コナーズ

サックス
インターローケン・アーツ・アカデミー卒業後、ニューイングランド音楽大学で修士号を取得。セシル・マクビーと知り合い世界各国をツアー。ボブ・モーゼスのアルバム他、'97年セシル・マクビーのアルバム「Unspoken」にも参加。ニューイングランド音楽院、イースタン・ナザリーン・カレッジでアンサンブル、サックスの指導者として活躍。現在、精力的にライヴ活動を展開中。
ランドール コナーズ(写真)

 

古谷 光広

サックス
幼少の頃より父(古谷充)の影響で、音楽の基礎とピアノを習う。ジャズ・サックスを赤松二郎氏、奥田章三氏、宗清洋氏、理論を田中克彦氏に習う。'98年3月アルバム「KHAMSIN」をリリース。'97年12月アトランタ、'98年9月GJOでモンタレイ・ジャズ・フェスティバルに出場。'04〜'06年にはIAJEに参加。また、第2の楽器「EWI」を使いこなし、好評を得ている。他に「est−1」のCM、イメージソング。「パワフルプロ野球」オープニングテーマ。円広志などセッションレコーディング等。
古谷 光広(写真)

 

佐藤 忠行

ギター
1971年よりプロのギタリストとして活動を開始。レコーディングスタジオ、TV番組を中心に活動。セルジオ・メンデス、渡辺香津美、西村由紀江等国内外の多数のミュージシャンと共演するほか、作曲、アレンジ等を手掛ける。アロージャズオーケストラ、古谷充とフレッシュメンを経て現在ザ・スクラッチにて活躍中。スタジオからライヴまでの実力派。また、後進の育成にも力を注ぐマルチプレーヤー。
佐藤 忠行(写真)

 

土野 裕司

 

エレキギター
'75年ヤマハ主催「8・8ROCK DAY」決勝大会に於いて、ベストギタリスト賞を受賞し、レコードデビュー。'80年より渡米を重ね、マイクスターンに師事する。現在、自己のバンド「GIZMO」で、2枚のCDアルバムをリリース。'94年より、「タイガー大越&BAKU」のメンバーとしても活躍中。
土野 裕司(写真)

 


藤山 龍一

ギター
甲陽音楽学院エレキギター専攻を卒業後、バークリー音楽大学へ留学。
在学中はGuitar Department Achievement Award(同大学ギター部門最優秀賞)を受賞。
帰国した現在はロック、JAZZ、ブラジリアンを中心とした音楽で、関西を中心にライヴやレコーディング で活躍中。
藤山 龍一(写真)

 

柴田 達司

ギター
プロのギタープレイヤーとして20年以上。さまざまなジャンルをこなしてきた自信があります。最近は後輩の育成と自身のライヴ活動に力を入れています。
柴田 達司(写真)

 


田路 雄一

ギター
15歳でギターを始め、大学卒業と同時にヤマハPMS講師資格取得。土野裕司に師事し独自のコンテンポラリーロックのアプローチを研究。Funk、Fusion、Acoustic等に加え、ウクレレソロ(西日本最優秀賞)でも活動する。「千と千尋の神隠し」のうーみとのユニット。ボサノバシンガーhayatokaoriなどメジャーアーティストのサポート、FM802はじめメディアへの出演等行う。
田路 雄一(写真)

 

和田 清茂

ギター
自己のバンドを率いて神戸のライヴスポットを中心に活動中。数多くのミュージシャンとセッションを重ね音楽の幅を広げている。特に天野shoとのユニットでは、全国をライヴツアーして多くのファンを獲得。またスタジオミュージシャンとしても定評がある。カントリースタイルを得意とするギターリスト。神戸を中心に活躍中。
和田 清茂(写真)

 


堤 聡子

クラシックピアノ
神戸市出身。兵庫県ピアノコンクール最優秀賞受賞。'95年、スウェーデン・リンシェピング音楽祭“MUSIK DAGAR'95”に招かれ、ソロリサイタルを行う。'97年、京都市立芸術大学音楽学部卒業。以来、ソロ・室内楽での活動の他、作曲家とのコラボレーションをはじめ、新作の初演等にも継続的に取り組む。'03年、第7回松方ホール音楽賞大賞受賞。'05年、モスクワ音楽院大ホールにおいて同音楽院国際文化センター主催音楽祭に出演。同年、神戸新聞文化財団主催「松方ホール音楽賞大賞受賞記念リサイタル」を行う。'08年、神戸新聞文化財団主催「堤聡子ピアノリサイタル2008〜ロマン主義の見えざる水脈を辿って〜」開催。これまでにピアノを上野真、田隅靖子、渡辺純子、黒田恭子、O.フロイデンタールの各氏に師事。京都フランスアカデミーにおいてO.ガルドン氏のクラスを受講。
堤 聡子(写真)

 

中川 亨

クラシックギター
5歳より相愛大学子供音楽教室において音感教育を受けピアノを松本氏にギターを父、中川信隆に11歳より理論を水谷知久氏に師事。室内楽をピアニストのダリア・オボラ、フルーティストのクリスチャン・ラルデ、各氏に師事。ヨーロッパ留学中は、ギターをホセ・ルイス、アルベルト・ポンセに師事。第9回日本ギターコンクール2位、第2回イタリアマウロジュリアーニ国際ギターコンクールファイナリスト、第13回フランスノルマンディ国際ギターコンクール首席。現在ムシカリブレを中川誠と結成、同名のアルバムをリリース。相愛大学音楽学部ギター科、非常勤講師。大阪国際音楽コンクール弦楽器部門審査員。
中川 亨(写真)

 


杉田 美穂

クラシックピアノ
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。その後、渡仏しパリ・エコールノルマル音楽院ピアノ科・室内楽科において高等ディプロム取得。ピアノを藤田奈穂、蔀幾世子、芝令子、Victoria MELKIの各氏に師事。室内楽をGenevieve MARTIGNY氏に師事。現在、後進の指導に加えソロ、室内楽、伴奏等活動中。
杉田 美穂(写真)

 

中川 誠

クラシックギター
3才より音感教育とピアノを、8才より作曲と和声を学ぶ。15才よりギターを父・中川信隆に師事。21才でデビューリサイタル。その後関西を中心に多彩な活動を行う。日本ギターコンクール等各コンクールに入賞。(社)日本ギター連盟正会員。日本ギターコンクール審査員。ギターアートグループ委員。GEN主席相談役。
中川 誠(写真)

 


辻川 忠男

キーボード
5歳よりクラシックピアノをはじめる。大学を卒業後、甲陽音楽学院に入学。ピアノをフィリップストレンジ氏に、理論・アレンジを荒崎英一郎氏に師事。その後、25歳からポップス・ジャズ・フュージョンなどでプロとしての音楽活動に入る。ライヴハウス・スタジオでの演奏活動に加え、TVでの録音やテーマパークの楽曲アレンジ制作などの分野で活躍中。MIDI検定1級所持。
辻川 忠男(写真)

 

堀 彩

音楽療法
同志社女子大学学芸学部音楽学科文化専攻音楽療法コース第一期卒業。稲田雅美、濱谷紀子両氏に師事。日本音楽療法学会認定音楽療法士。近畿医療福祉大学助教。あしや音楽療法研究会特別研究員。緩和ケア病棟、リハビリテーション病院、障害児(者)施設、高齢者施設など、医療、介護、福祉の現場において活動中。
堀 彩(写真)

 


堀 早苗

 

音楽療法
神戸女学院中・高等部を経て、同大学音楽学部卒業。兵庫県立西宮高等学校音楽科、近畿医療福祉大学特任講師、神戸女学院大学各非常勤講師。あしや音楽療法研究会主宰。日本音楽療法学会評議員、認定音楽療法士。兵庫県音楽療法士会顧問(初代会長)。緩和ケア病棟、障害児(者)施設、高齢者施設、リハビリテーション病院など、医療、福祉の現場で活動を続ける。
堀 早苗(写真)

 

渡邊 幸子

音楽療法
東京音楽大学声楽科卒業。長崎県立中学校音楽教諭を経て、神戸市において「ミュージックヴィレッジQOL」を主宰。日本音楽療法学会認定音楽療法士、兵庫県音楽療法士、日本へルマンハープ協会インストラクター。リハビリテーション病院非常勤音楽療法士。
他、高齢者や児童を対象に音楽療法を行っている。
渡邊 幸子(写真)

 


渕 雅隆

ドラム
甲陽音楽学院ドラム専攻卒業。多田明日香、熊谷徳明、岩瀬立飛の各氏に師事。モーラー奏法やアレクサンダーテクニックも学び、ファンク、ラテン、ロック~ジャズ等、ジャンルを問わず活動する。Bob James、Allen Hinds、Dan Siegel等と共演し高い評価を受ける。aiko、SILVA、森川美穂、 円広志~等、その他多くのアーティストのサポートを務める。
Zildjianのエンドーサーであり、ローランド社V-Drumの認定講師。
渕 雅隆(写真)

 

江森 文男

ドラム
宝塚歌劇や、東宝系ミュージカル、レビュー、ショー等での演奏、レコーディングを中心に活動中。また、南安雄氏、服部克久氏、ボブ佐久間氏、宮川彬良氏率いるオーケストラでの演奏も数多い。’10年春 鹿賀丈史、市村正親 ー 「それぞれのコンサート」に参加。
江森 文男(写真)

 


竹下 清志

ジャズピアノ
大阪教育大学特音ピアノ科卒業。20才よりプロ活動を始める。西山満グループ、中山正治カルテット、日野皓正グループを経て、現在自己のグループで活躍。第一回なにわ芸術大賞を受賞。
竹下 清志(写真)

 

大森 成彦

エレキベース/ウッドベース
エレキベース(4・5・6弦)&ウッドベースとの使い分けにより幅広い分野で活動中。2011年3月サーベル社からスタンダード・ジャズ・ベース・メソード《ベース・ランニング&ソロ》を出版。あらゆるテクニックを伝授します。
大森 成彦(写真)

 

松田“GORI”広士

ドラム
学生の頃からプロとして活動を開始、'99年に渡米、清野拓巳Dropsや栗田洋輔他、多数のアルバムに参加。Sixnorth NEXT ORDER等、プログレシーンにおいても活躍、海外レーベルよりアルバムリリース、ジャンルの枠にとらわれず繊細かつ大胆なアプローチは色彩感を失わず多数のインプロバイザーから高い評価を得ている。
松田“GORI”広士(写真)

 

梶原 大志郎

ドラム
1972年10月6日大阪生まれ。11歳からドラムを始め、佐々木晴夫氏に師事。中学時代からバンドを始める。
高校卒業後ヤマハ音楽院大阪にて金子敏男氏に師事。卒業後、講師およびジャンルを問わず、ライヴ・レコーディングなどで活動中。
梶原 大志郎(写真)

 


枡田 咲子

ピアノ
甲陽音楽学院を卒業後、IASJジャズミーティングパリ大会に参加。バークリー音楽大学に編入し、Alex Ulanowski AWARDを受賞し、ジャズコンポジション科を首席で卒業する。JAJEカンファレンスやEBUアレンジャーワークショプに参加するなど国内外で活動を行う。'09年ブリュッセルジャズオーケストラのジャズコンポジションコンテストでグランプリBIOアワードとオーディエンスアワードを受賞。
枡田 咲子(写真)

 

植田 良太

ジャズピアノ
'03年甲陽音楽学院ジャズピアノ科を首席で卒業。バークリー音楽大学主催のワールドスカラーシップツアーにて奨学金を獲得し'04年に留学。初年度から卒業まで毎年、成績上位者のリストであるDean's Listに掲載される。'06年バークリー音楽大学を首席で卒業。Jazz、Fusion、Latin、Funk、Gospelなど幅広いジャンルをこなし、特にリハーモニゼーションやコードの組み立てに定評がある。
現在、京阪神を中心に演奏活動中。
植田 良太(写真)

 

田口 愛理

ピアノ
3歳よりピアノ、7歳より作曲を学び、ヤマハJOC出演や作品集CD掲載を経て、相愛大学音楽学部創作演奏専攻卒業、同大学卒業演奏会出演。現在は後進の育成に携わるほか、自身のバンドやユニットでの演奏活動や楽曲制作、レコーディングやライヴのサポートを行っている。川西音楽家協会、PTNA会員。
田口 愛理(写真)

 

堀 智彦

ジャズピアノ
オスカーピーターソンを聴いてジャズピアノに目覚め、高校3年生より北野タダオ氏に師事。大学卒業を機にプロとして活動を開始する。京阪神を中心にライヴハウスやスタジオで活動し、国内外の一流ミュージシャンと共演するチャンスに恵まれる。現在は演奏はもとより後進の指導にも情熱を注いでいる。
堀 智彦(写真)

 

塩崎 裕

エレキベース
演奏はもとより、早くからコンピュータに注目し、CMやイベントなど幅広く自己のスタジオで制作し、代表作はシャディーのサラダ館CM、四天王寺1400年祭一人芝居の音楽、愛知博トヨタ館参加など、Macとデジタル機器を駆使する、トータルでマルチな音楽人です。教育面でもTEXT制作や熱血指導で音楽業界に貢献している。
塩崎 裕(写真)

 

荻野 哲史

エレキベース
15歳よりBassを始め23歳で渡米。 帰国後、様々な活動の中「jaz'presso」でデビュー。ブラックミュージックを基盤としRock,Latin,Salsa,Jazzなどライヴ、レコーディング、TV、ラジオなどオールラウンドに活動する。
荻野 哲史(写真)

 


上山崎 初美

ウッドベース
1951年1月31日生まれ。21歳でプロデビュー。「川村翼トリオ」「大塚善章トリオ」「古谷充とザ・コンコード」を経て自己のグループを結成。関西一円のライヴスポット、ホテル、コンサートホールなどに出演。
並行して「関西フィルハーモニー管弦楽団」「京都市交響楽団」「広島市交響楽団」「京都シティフィルハーモニー管弦楽団」、スタジオワークなど幅広い音楽シーンでも活躍。
上山崎 初美(写真)

 

石井 孝宏

エレキベース
大迫明氏(Tb)が率いるLatinユニット『BESTIAS』に参加。古谷光広(Sax)氏が率いるコンテンポラリージャズユニット『ODO』に参加。Quncho Blues Bandに参加。元憂歌団のボーカル木村充揮氏のバンドや木村充揮×近藤房之助のユニット『クレイジードッグス』のバンドに参加。木村充揮氏、近藤房之助氏と三人で北海道4ヶ所を回り成功をおさめる。
2012年にボブジェームスのバンドやマーカスミラー等と共演しているSax DAVE McMARREYと共演。ほかにも様々なアーティストのライブサポートやレコーディングをこなしている。
石井孝宏(写真)