オープンキャンパス 資料請求

バークリー音楽大学とは

250を超えるグラミー賞受賞者を輩出する、
世界最高峰の教育水準を有するポピュラー音楽大学。


世界中から一流の音楽家が集まるアメリカでレベルアップを図り、視野を広げたい君に。

世界で活躍する音楽家を輩出

1945年創立。ジャズ・ロック・ポップス等のコンテンポラリーミュージックを中心とした音楽教育で世界的に有名な、アメリカの総合音楽大学。卒業生には多くのグラミー賞受賞者がおり、日本人卒業生に限っても渡辺貞夫、秋吉敏子、マルタ、小曽根真、タイガー大越、大西順子、上原ひろみなど現在の音楽界をリードするミュージシャンを多数輩出しています。その伝統と教育の品質の高さから、現在では“音楽のハーバード大学”とさえ言われるようになりました。

最先端の音楽が集結

バークリー音楽大学には、コンポジション、コンテンポラリー作曲&制作、映像音楽、ジャズ・コンポジション、エレクトロニックプロダクション&デザイン、ミュージックプロダクション&エンジニアリング、ミュージックセラピー、パフォーマンス、プロフェッショナル、ソングライティング、ミュージックビジネス/マネジメント、音楽教育の12の学部があります。音楽業界の全てを網羅しているといっても過言ではありません。音楽に関わることならバークリーで最先端の学問を学ぶことができるのです。

22年間の甲陽音楽学院との提携

甲陽音楽学院は、バークリー音楽大学と音楽を通じて頻繁に交流しており、合同主催セミナーの開催や、震災復興を祈念した「フェニックス・ジャズ・フェスティバル」などのライヴイベント等、日本唯一の提携校として国内外に最新の音楽文化を発信しています。バークリー音楽大学への単位移行による編入制度や入学オーディションの成績優秀者には奨学金制度があるなど、サポート体制も充実しています。

甲陽音楽学院から多数の留学生

世界中から集まる4,000人の学生のうち約1/4が海外からの留学生。甲陽音楽学院で2年間勉強したあと、さらにレベルアップしたいという学生は多く、在校生の約1/3がバークリー音楽大学への留学を希望しています。
甲陽音楽学院は1995年にBIN(バークリー・インターナショナル・ネットワーク)に加盟し、2000年に位移行による編入制度を開始。最短2年間でバークリー音楽大学の卒業資格を取得することができるようになりました。

バークリー音楽大学編入制度

バークリー音楽大学卒業に必要な単位の半数を、 本校で取得可能

本校で取得した単位がバークリー音楽大学の単位として認定される編入学制度です。
本校にてバークリーの卒業に必要な単位を最大で約半数まで取得できるため、編入学後のプログラムおよび専攻によっては、最短2年で同大学を卒業でき、留学費用の大幅な軽減が可能になります。また、甲陽音楽学院から移行できる単位の多くがバークリーでの必修科目なので、本校で多くの移行単位を取得できれば、バークリーに留学してからは自分の趣味のある専門性の高い授業をより多く受講できます。

ディプロマコース

バークリー音楽大学の修了証書(卒業証書)が授与されます。


ディグリーコース

Bachelor of Music(音楽学士)の学位が授与されます。
日本の4年制大学卒業と同等の資格です。


※単位認定を受けるにはバークリーの入学審査に合格し、本校およびバークリーの設ける諸条件を満たす必要があります。

入学オーディション対策

提携20年以上の経験と実績

バークリー音楽大学をはじめ各大学オーディションを通過するためには、実技、面接、語学力の試験が義務づけられています。本校では、創立37年の豊富な経験とノウハウを生かし、在学中の2年間でしっかりとオーディション対策をおこなっています。

英語習得

活きた英語を学び、将来の留学に備える

 

バークリー留学科では海外生活に必要な英会話をはじめ、バークリーでの授業を理解するための文法の学習、英語で実施される入学オーディションの対策に至るまで、総合的な英語力アップに向けて、ネイティブスピーカーの先生から学ぶことができます。


バークリー音楽大学奨学金

留学を実現する奨学金制度

入学オーディションの成績優秀者には、その実力に応じて奨学金が支給されるなど、留学を身近にする奨学金制度があります。本校からも毎年数十名受験をしており、奨学金も獲得しています。

留学資格
  • 高等学校卒業者(卒業見込みの者を含む)又は、高等学校卒業程度認定試験検定合格者
  • 甲陽音楽学院卒業者